【清水】採点&寸評 終盤に3失点!痛恨の逆転負け

清水―F東京戦布陣図
清水―F東京戦布陣図

◆明治安田生命J1リーグ▽第1節 清水1―3F東京(23日・アイスタ)

 クラモフスキー新監督の初陣は、逆転負け。後半2分にFWティーラシンの先制弾も、DF立田が2度PKを与えるなど最後の13分で3失点。

  採点と寸評は以下の通り。

 クラモフスキー監督【5・0】終盤までプラン通りだったが、劣勢になってから手をうてず

GKネト・ヴォルピ【5・5】フィードはJ屈指。2度のPKは不運

 DF奥井諒【4・5】攻め上がりは良かった。後半ロスタイムのバックパスのミスが3失点目につながる。

 DFヴァウド【5・0】途中まで強力攻撃陣防いだが、最後は息切れ。

DF立田悠悟【5・0】先制弾は、好守備から。多くのピンチを防ぐ。後半ロスタイムのPKは仕方ない。

 DF石毛秀樹【5・0】前線に顔を出したが、本職でないDFに不安も

 MF中村慶太【6・0】万全ではないが序盤からリズム作る。攻撃サッカーの核になりそう。

 MF西村恭史【5・5】リーグ初先発だったが、攻守に安定感みせる。前半は攻撃で光も。

 MF後藤優介【5・5】トップ下でリズム作る。新たな存在価値見せる

 FW金子翔太【5・0】前線に顔出すが、決定力を欠いた

 FW西沢健太【5・0】後半に放ったシュートを決めれば勝っていた

 FWティーラシン【5・5】先制弾でシュートのうまさみせる。チームメートとの連携は欠いた

 MF六平光成【―】後半39分IN。出場時間短く採点なし

FWドゥトラ【―】後半44分IN。出場時間短く採点なし

FW鄭大世【―】後半ロスタイム分IN。出場時間短く採点なし

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請