【阪神】セットアッパー右腕のエドワーズが開幕デモ! つばめ打線を3人斬り「自分の思ったような投球ができた」

1イニングを3者凡退に封じた阪神・エドワーズ
1イニングを3者凡退に封じた阪神・エドワーズ

◆オープン戦 ヤクルト2―2阪神(24日・浦添)

 阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)=インディアンス=が3番手で6回からリリーフし、1イニングを3人でピシャリと抑えた。雄平を左飛に打ち取ると、エスコバーは123キロのカーブで空振り三振。塩見も外角148キロ直球で見逃し三振に仕留めた。3月20日の開幕戦(神宮)で激突するつばめ打線を難なくねじ伏せた。

 特に縦に落ちるカーブに手応えをつかんでおり、「自分の思ったような投球ができた。日本に来て、カーブが有効だと感じている」と納得の表情。矢野監督も「どっちかって言うとコーナーワークっていうよりも高低のボールでね、抑えるような投手になると思う。高めも有効になると思う。エドワーズらしいボールがしっかり投げられてテンポもよかった」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請