【巨人】原監督、高橋4回0封も激辛コメント連発「リリーフやりたいのか問いたいね」

4回から2番手で登板した高橋優貴
4回から2番手で登板した高橋優貴

 巨人の2年目左腕・高橋優貴投手(23)が23日、楽天とのオープン戦(那覇)で4回から登板。4イニング1安打無失点に抑えた。

 ただ、試合後の原監督は激辛コメントを連発。3四球を出し81球を要し、3イニング目以降に球威が落ちたことを厳しく指摘した。

 「そうですねえ、やっぱりスタミナでしょうかねえ。球数が増えるとかなりスピードも落ちる。あれでは先発ローテーションピッチャーではなく、リリーフピッチャーの方が似合っているのかな、というのは今日は感じました。私のこの言葉を聞いて彼がどれだけ発奮するかね。あれだけの球数で精度が落ちる。本人がどういう風に自分と向き合いながらやってるのか。昨年の課題だった訳だから。ただ初回、2回の投球、あの球の強さはやっぱり見事だと思います。となるとリリーフでもいいのかなってね。本人にリリーフやりたいのかね問いたいね」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請