「パラサイト」ポン・ジュノ監督、新型コロナに言及「『20世紀少年』を思い出す」「もうすぐ懸命に乗り越えるのでは」

会見を行う、ポン・ジュノ監督(右)、ソン・ガンホ(左)
会見を行う、ポン・ジュノ監督(右)、ソン・ガンホ(左)

 第92回アカデミー賞で、外国語映画で史上初の作品賞を獲得した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督(50)が23日、東京・内幸町の日本記者クラブで主演俳優のソン・ガンホ(53)と来日記者会見を行った。「賞を受賞したことはとても喜ばしく、光栄なこと。どの国の方々も熱く受け入れてくれたことを、何よりも感謝しています」と語った。

 半地下住宅に暮らす貧しい4人家族。IT企業のCEOの家庭に身分を偽って“就職”し、徐々にパラサイト(寄生)していく―。韓国の格差社会を、ユーモアを交えながらスリリングに描き、アカデミー賞では作品賞に加えて、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4冠を達成した。第72回カンヌ国際映画祭でも韓国映画初となる最高賞「パルム・ドール」を獲得し、アカデミーとのダブル受賞は米映画「マーティ」(デルバート・マン監督)が1956年に受賞して以来、64年ぶり。

 歴史的快挙を受けて、日本でも“パラサイト旋風”が起こっている。22日付けで220万人を動員し、興行収入は30億円を突破。日本における韓国映画の興収歴代1位に輝いた。

 ポン・ジュノ監督は2006年の映画「グエムル‐漢江の怪物」で、未知の病原菌が蔓延(まんえん)し、パニックに陥る世界を描いた。現在、日本や韓国でも新型コロナウイルス感染による肺炎(COVID19)が猛威を振りまいていることが、「グエムル―」の世界とリンクしていることを記者から問われると、「最近の状況を見ていると、浦沢直樹さんの『20世紀少年』を思い出します」と、殺人ウイルスを描いた漫画家・浦沢直樹さんの名作の名も挙げ、「こういった現実と創作物が相互に侵入しあっていくのは自然な流れなのではないかと思います」とコメント。さらに「今は、ウイルスはなかったと明かされる映画とは違う状況で、実際にウイルスは存在している。あまりにおそれすぎて恐怖を持って臨んでしまう、過度に反応してしまう場合には、もっと恐ろしいことが起こると思います。国や人種的な偏見を加えてしまうと、より恐ろしいことが起こってしまう」と指摘し、「もうすぐ懸命に乗り越えるのではと希望的に思っています」と、終息を願った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請