カンテレ4月入社の新人アナに、山本浩之アナの三男・山本大貴さんが登場

4月に入社するカンテレ新人アナウンサーの山本大貴さん(左)、舘山聖奈さん(中)が見届け人として「走れメロス朗読コーナー」でカンニング竹山と共演(提供写真)
4月に入社するカンテレ新人アナウンサーの山本大貴さん(左)、舘山聖奈さん(中)が見届け人として「走れメロス朗読コーナー」でカンニング竹山と共演(提供写真)

 お笑いタレント・カンニング竹山(48)が局長となってカンテレアナウンサー19人に指令を出す企画の第3弾「カンテレアナウンサー真冬の挑戦SP ~カンニング竹山局長のドラマ制作指令を遂行せよ~」(23日深夜1時10分から)で、4月に入社する同局の新人アナウンサーが紹介された。

 「噛んだら終わり! 走れメロス朗読リレー」で、見届け人として登場したのは、山本大貴さん(23)、舘山聖奈さん(22)の2人。竹山から自己紹介を求められた2人が初々しくあいさつをした。竹山が「山本君、山本浩之アナウンサーの息子さんなの? 目がちょっと似てる気がする。くりっとした感じが」と指摘すると、山本さんは「はいそうです。ほんとですか? 似てますか?」と反応。その後も竹山から「入社試験の時、途中まで隠してたんでしょ? 何次まで言わなかったの?」と質問攻めにあった山本さんは「最終の面談で人事の方に初めて言わせていただいて。聞かれて。住所が奈良県なので、それで聞かれて、実はそうなんですと。まあ、びっくりされましたね」と応じた。

 4月に入社する山本大貴さんは、現在フリーアナとして活躍中の山本浩之アナウンサー(57)の三男。父は同局で長年“ヤマヒロ”の愛称で親しまれており、竹山は「なんでそこまで詳しくオレが聞いたか分かる? ここまで聞かないと世間の皆さんはお前がコネ入社だろうと思うからだよ! コネじゃないだろ?」とたたみかけた。山本さんは「違います。ありがとうございます。ありがとうございます」と笑顔で応じ、竹山も「ちゃんと受かったからだろ」とフォローした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請