【ロッテ】美馬、西武との初戦は2回1失点「やっと一員に」

2回を投げ1失点の先発・美馬
2回を投げ1失点の先発・美馬

◆練習試合 西武―ロッテ(22日、高知・春野)

 ロッテの美馬学投手(33)が22日、上々の新天地デビューを飾った。西武戦に、楽天からFA移籍後初登板。先発して2回2安打1失点で「やっと(チームの)一員になれたかな」と穏やかな表情を浮かべた。

 自らの投球で緊張を振り払った。初回先頭。金子に144キロ直球で初球ストライクを奪うと、落ち着きを取り戻して遊ゴロに。源田、森の上位打線にもストライクゾーンで勝負し、わずか9球で三者凡退に抑えた。「投げるまでは緊張していたけど、初球を投げてストライクが入ってちょっと安心しました。打者にストライクを投げることが一番でしたし、変化球も全部投げられたのでよかった」とうなずいた。井口監督も「しっかりと仕上がっていると思う」と評価した。

 美馬は投球後にコンビを組んだ正捕手・田村と会話を交わし、右打者への外角直球がシュート回転していたことを次回への修正ポイントとして挙げるなど、調整に余念がない。「課題は何個か出ているので、次の試合までに消していけたら」。開幕投手候補にも挙げられるFA右腕が、ローテーションの柱としてチームに安心感をもたらしてくれそそうだ。(後藤 亮太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請