【仙台】柳、合流即スタメンで左SB安定「守備に手応え」

後半、ドリブルで左サイドを駆け上がるDF柳(カメラ・小林 泰斗)
後半、ドリブルで左サイドを駆け上がるDF柳(カメラ・小林 泰斗)
前半、ピッチサイドまで出て、選手に指示を出す仙台・木山監督
前半、ピッチサイドまで出て、選手に指示を出す仙台・木山監督

◆明治安田生命J1リーグ第1節 仙台1ー1名古屋 (22日・ユアスタ)

 合流即スタメンをつかんだDF柳貴博(22)が仙台の左サイドの不安を払拭した。左SBの位置で、名古屋FW前田直輝(25)やFWマテウス(25)ら強烈なアタッカーと対峙(たいじ)し、一歩も引かずに安定した守りを見せた。

 柳の存在が、左サイドに空いた穴を埋めた。仙台は昨季リーグトップの10アシスト、攻守に安定感のある左SBのDF永戸勝也(25)が今季鹿島に移籍。代役候補として獲得したブラジル人DFパラ(24)とCBから左SBにコンバートされたDF常田克人(22)は、守備面で大きな不安を残し、先発起用は厳しかった。

 柳は本職は右SBだが、CB、左サイドでプレーが可能で、昨季は山形で木山監督と共闘。19日に合流してからのいきなりの先発にも、「(準備の期間は)3日だろうが関係なく、開幕からでるつもりで準備してきた。守備ではある程度手応えを感じた」と頼もしい。前半34分に左サイドを前田に突破され失点につながったが、木山監督は「それ以外の部分に関してはJ屈指のドリブラー相手に対応し、押し込まれてもあまり破られなかった。よく戦ってくれた」と高く評価。これから練習を重ねれば攻撃の連係面でも持ち味の突破力も生きてくる。高い能力を持つ新戦力の加入で、J1で戦う準備はできた。(小林 泰斗)

試合詳細
後半、ドリブルで左サイドを駆け上がるDF柳(カメラ・小林 泰斗)
前半、ピッチサイドまで出て、選手に指示を出す仙台・木山監督
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請