【柏】採点&寸評 J1復帰開幕戦は、FWオルンガの2得点など4発白星発進

札幌戦の柏スタメン
札幌戦の柏スタメン

◆明治安田生命J1リーグ▽第1節 柏4―2札幌(22日・三協フロンテア柏)

 柏―札幌は、FWオルンガの2得点など4―2で柏が勝利した。前半前半13分、MF江坂任の左足で先制。同20分にはオルンガがカウンターから抜けだし加点した。後半にも江坂、オルンガがそれぞれ得点を決めてリードは4点に。その後、札幌に2点を奪われたが、柏が総シュート数44本の打ち合いを制した。

 採点と寸評は以下の通り。

ネルシーニョ監督【6・0】負傷により交代3枠を使うことに。相次ぐアクシデントの中でも勝利

GK金承奎【7・0】スーパーセーブ連発。素早いリスタートから2点目生むも、負傷が心配。MOM

DF高橋峻希【6・5】高速ボール奪取でチャンスを作る

DF染谷悠太【6・5】連動した守備を統率。負傷により後半開始で交代

DF鎌田次郎【6・0】2失点目は相手に裏を取られるも、体を張ったプレー見せる

DF古賀大陽【6・0】クロスから決定機を許す場面もあったが、果敢にチャレンジ

MF三原雅俊【6・0】目立たずもやるべきことをコツコツこなす

MFヒシャルジソン【6・0】球際激しく、献身的なプレーで攻守に存在感

MFクリスティアーノ【6・0】3点目アシスト。この試合最多9本のシュートは空砲

MF瀬川祐輔【6・0】持ち味を発揮する前に、悔しい負傷交代

FWオルンガ【7・0】2得点。スピード、迫力はJ1でも圧倒的

FW江坂任【7・0】得点力はもちろん、運動量や守備でも献身性見せる

MF神谷優太【6・0】前半30分IN。攻撃のアイデアで流れを変え、守備でも利いていた

DF高橋祐治【6・0】後半開始からIN。失点シーンは相手を自由にさせたが、落ち着いた試合運びだった

GK滝本晴彦【―】後半36分IN。出場時間短く採点なし

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請