【ロッテ】1番・藤原、2安打2四死球で4度出塁「チームの先頭として勢いづけていかないといけない」 

右翼線に三塁打を放ち、力強く滑り込む藤原
右翼線に三塁打を放ち、力強く滑り込む藤原

◇練習試合 西武8―3ロッテ(22日・高知春野) 

 ロッテの藤原恭大外野手(19)が、2安打2四死球でレギュラー奪取へ猛アピールした。

 「1番・左翼」で出場。「1番打者として、ヒットじゃなくても塁に出ることが大事。チームの先頭として勢いづけていかないといけない」。3回は先頭で遊撃内野安打で出塁すると、4回には2死一、三塁で死球、7回先頭では右翼線三塁打、9回先頭でも四球とチャンスメイクに徹した。

 井口監督も「今後を考えて1番で育てたいと思っている。調子を上げてきていますし、(3安打の)菅野もずっと調子よく、守備でもいいプレーが出ている。外野のポジションも余ってはいないので、そこに食い込んでいってもらいたい」とさらなる奮起に期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請