【巨人】新外国人サンチェス、カットボール解禁…フリー打撃に登板

フリー打撃に登板したサンチェス
フリー打撃に登板したサンチェス

 巨人の新外国人、エンジェル・サンチェス投手(30)が21日、今キャンプ3度目のフリー打撃に登板した。小林、岸田相手に計24球を投げ、安打性は1本。ボールが13球だったが、低めに制球して、ゴロは5つだった。「(状態は)いいと思う。マウンドにいる時はゴロを打たせる意識でやっている。試合で投げられる準備はできています」と手応えを得た。

 変化球はフォーク、カーブに加え、カットボールも解禁。カットは投手コーチとコミュニケーションを取りながら、握りやボールの動き方を確認し、完成形へ近づいている。次の段階はいよいよ実戦。24日の広島とのオープン戦(那覇)で先発し、1イニングを投げる予定だ。「キャンプ中から取り組んでいるボールを低めに集めることを試したい」。菅野との2本柱が期待される助っ人。デビュー戦へ向けて準備は整った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請