【中日】ビシエド、ロングティーで驚異の“150メートル弾”

中日・ビシエド
中日・ビシエド

 中日のビシエドがロングティーで驚異の“150メートル弾”を放った。

 北谷の一塁ベンチ前から放った打球は右翼後方の高さ14メートルの防球ネットをはるかに越えた。125メートル先の陸上競技場のコンクリート階段に着弾し、25メートルの“ラン”で150メートルに達した。投手のスピンがかかった球ならまだしも、ティー打撃でこの飛距離。「体重は111キロを維持しているが、筋肉量は昨年より7%増えたんだ」と力こぶ。昨季までの4年間で最多は18年の26本塁打。「本塁打王? 50発? いいね。そのつもりで練習しているよ」とキング戦線に殴り込む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請