【DeNA】12球団初措置の関係者への検温義務…新型コロナ対策、37度5分以上は来場禁止

ファンと交流する宮崎(7日)
ファンと交流する宮崎(7日)

 DeNAは21日、新型コロナウイルス感染症予防に関する対応を発表した。新たに沖縄の1、2軍キャンプ地を訪れるチーム関係者や報道陣への検温を義務づけ、厚生労働省が基準として定めている37度5分以上の発熱が確認された場合は来場を禁止することを決めた。12球団では初めての措置となる。

 DeNAはこれまで選手、首脳陣、裏方などは例年通り毎朝検温していた。しかし、楽天とのオープン戦が開催される22日からは取材する報道陣、球場を訪れた選手の家族、友人らにも関係者受付で検温を課すことを決めた。ファンには検温はなく、体調のすぐれない人や、37度5分以上ある場合の来場を遠慮してもらうように呼びかけている。

 すでにキャンプ地での握手、ハイタッチなどのファンサービスの自粛、サイン会を行う選手のマスク着用、オープン戦での風船を使った応援の禁止などの対策を講じてきた。しかし、沖縄県内で20日に3人目の新型ウイルス感染者が出るなど終息へと進まない現状を考慮し予防を強化した形だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請