【ヤクルト】奥川「令和2年2月22日」に初ブルペン「最後は力入れちゃうかな」

スポーツ報知
ティー打撃をする奥川

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)が、2並びの「令和2年2月22日」に初のブルペン入りすることが21日、決まった。2軍の宮崎・西都キャンプで順調な調整を続けており、30球程度を予定。「飛ばし過ぎず投げたい。まだ焦る時期じゃないので…とは言いつつも、最後の数球は力を入れちゃうかなと思います」と、投球練習が待ちきれない様子。ただ、2並びは偶然で「特に好きな数字でもないんですよ」と苦笑いだった。

 新人合同自主トレ中の1月16日に右肘の軽い炎症が出てノースロー調整の時期もあったが、今月3日に20日ぶりに投球練習を再開した。衝撃の投球を披露しているロッテ・佐々木朗に関しても「全然、別世界。周りは意識しないように」とマイペースを貫く。この日はプロ入り後初となる木製バットでの打撃練習も行い「打てば自分も楽になる」と気合十分だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請