【清水】カルリーニョス、クラブ史上初の外国人背番号10「自信をもってやっていきたい」

入団会見で大熊GM(右)と握手するカルリーニョス
入団会見で大熊GM(右)と握手するカルリーニョス

 J1清水エスパルスは23日のリーグ開幕戦で昨季2位のF東京と対戦(アイスタ、午後1時)する。チームは21日、アイスタで非公開練習を行った。

 清水に完全移籍で加入したブラジル人FWのカルリーニョス・ジュニオ(25)が21日、三保で入団会見を行った。固定背番号制となった1997年以降、クラブ史上初めて外国人に背番号10が託された。スイス1部・ルガノで90試合29得点を挙げた男は速さとシュート力を武器に、新たな歴史を紡ぐ。

 エスパの背番号10は、MF白崎凌兵(現鹿島)以来となる2年ぶりの復活。助っ人初の大役にも「自信をもってやっていきたい」と意気込んだ。左サイドを中心に、複数の攻撃ポジションをこなせる25歳。大熊清GM(55)は「得点も取れるし、周りも生かせる」と太鼓判を押した。

 昨年チーム得点王の神戸FWドウグラス(32)が抜けた穴を埋める存在として期待は大きい。新エース候補は「ドウグラスが素晴らしい選手だったことは聞いている。彼のように厳しい状況でも得点したい」。ゴールを狩り、昨季残留争いをしたチームを上位に押し上げる。(豊)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請