高槻中央が完封勝利で2回戦進出!…第50回記念春季全国大会大阪北支部予選

完封勝利で飾り、投打で活躍した高槻中央・福榮
完封勝利で飾り、投打で活躍した高槻中央・福榮

◆第50回春季全国大会大阪北支部予選 ◇中学生の部▽1回戦 高槻中央ボーイズ5―0大阪東淀川ボーイズ(15、16日・中島第1球場ほか)

 「第50回記念春季全国大会」の大阪北支部予選が開幕した。中学生の部では高槻中央ボーイズが2回戦進出を果たした。

 高槻中央が初戦を完封勝利で飾った。先発の福榮主将が7安打無失点。それでも、自己採点は「60点」とし、「ブルペンではカーブが抜けて、コントロールも良くなかった」と振り返った。

 初回2死一、三塁、2回無死一、二塁と序盤はピンチを背負ったが「投げ方、体重移動を考えながら」徐々にペースアップ。4番としても、3回に中越え適時三塁打を放ち、投打でフル回転した。打線も2回に磯貝、夘本、吉川の3連打で2点を先取するなど援護した。

 今冬チームは山場で走り込み、下半身を強化。元巨人の籾山監督は試合前「久しぶりにユニホームを着てミスもあるだろうが、思い切ってのミスならかまわない。しっかり準備しよう」と声をかけ、成長の跡を見せたナイン。福榮主将は「もっと勝ってベスト4」と、上位進出を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請