【有井なつ実の勝負ありぃ!!】「ぱちんこウルトラ6兄弟」(オッケー!)

新台に真っ向アタックも、なつ美のカラータイマー消滅にガックリ
新台に真っ向アタックも、なつ美のカラータイマー消滅にガックリ

 パチンコ&パチスロ大好きタレント・有井なつ実(28)が、ホールの新台に真っ向からアタックする実戦企画「勝負ありぃ!」。今週も大阪府東大阪市の巨大店舗「123+N布施店」を戦場に、「ぱちんこウルトラ6兄弟」(オッケー!)に挑んだ。勝負事は何でも大好き。競馬の今年最初のG1・フェブラリーS(23日)に向け、弾みをつける勝利となるか。

 粘りに粘って待望の大当たり。たばこをくわえて火をカチリ、ほっと一息…という光景が消える。健康増進法の一部改正により、4月1日から、喫煙しながらのプレーが全面禁止になるのだ。吸うなら喫煙専用スペースへ。まだご存じないパチンカー&スロッターも多いのでは。もうすでに対応済みの店舗もあるとか。

 「にぎわっている禁煙専門店もありますが、それとは別の話ですからね。影響が心配です」というなつ実ちゃんだが「いいコートとか、においが付くと嫌なものはホールには持っていかないようにしているので、今後は気にならないかも。フレグランスを使う店もあるかもですが、においがきつく感じられるよりは、無臭がいいですね」と提案した。

 最近、女性目線では、ホールのサービス向上ぶりを実感しているといい「トイレのハンドソープが結構高級だったり、ハンドクリームを置いている店も。あとは、無料ドリンクバーがあれば最高(笑い)」。だれもが快適に楽しめる空間に―。客同士のマナーも、さらに問われる時代になりそうだ。

 それでみんな仲良く大当たりならうれしい。今回の機種は強い絆で結ばれた「ウルトラ6兄弟」だ。「ウルトラマンにセブン、タロウ、…ジョンっていましたっけ?」。正解はジャック(新マン、もしくは帰りマンの本名)。特撮にはうといが「前のセブン2はよく打ってましたし、一種二種混合機は結果が早く出るので好きですよ」。先月は同じ一種二種の「AKBワンツースリー」で単発KO負け。継続率約85%のRUSH突入で逆襲したい。

 28回転目。怪獣進撃ゾーンからセブンアイ完成。セブンが期待度★3つのヒッポリト星人と対戦したが、倒せず。保留は緑で「これでは無理ですね」と納得。京楽系は、とにかく激アツ演出の畳み込みが必要だ。

 「これは!?」と手に汗握ったのが144回転目。25秒タイマーが作動して、疑似連3回の赤保留で4テンパイ。タロウVSタイラントにセブンが「共闘」して期待度40%超となったが、★3つ半のリーチは実を結ばなかった。178回転目のM78モード経由の紫保留もエースとの「共闘」ならず、敗れ去った。

 207回転目のウルトラマンVSゼットンの因縁対決も、物語通りマンの完敗。その後も、どの兄弟もふがいなく、確率分母の319回転を回して、なつ実ちゃんのカラータイマーは消滅した。「慣れ親しんだ演出が多いので分かりやすい」と台の魅力は味わったものの「こんなに見せ場が少ないのも珍しいですね。プライベートなら当たるまで打ちそうなので、止めていただいてありがとうございます(苦笑)。感想ですか? …ノーコメントで(笑い)」。悔し気に、けむに巻いた。

 ◆有井 なつ実(ありい・なつみ)1991年7月2日生まれ。28歳。大阪府出身。パチ&スロ歴9年。ユーチューブでの実戦動画配信のほか、オフィシャルブログ「the real me」やツイッター、インスタグラムでの近況報告や配信アプリ「17 Live」でも活動中。趣味は海外ドラマ鑑賞、カラオケ。3サイズはB86・W58・H88センチ。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請