陸連、サニブラウン側に個人1種目案説明

サニブラウン・ハキーム
サニブラウン・ハキーム

 日本陸連の土江寛裕・五輪強化コーチ(45)は20日、20年東京五輪代表選考基準において個人種目を原則1種目に絞る案について、100&200メートルでの代表入りが有力視されるサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=を指導するマイク・ホロウェイ・コーチに説明を行ったことを明かした。

 麻場一徳・強化委員長と今月中旬に渡米して直接面会。「いろいろと建設的な話ができた。3月には皆が納得する形で選考要項ができると思う」と自信を見せた。

 金メダル有力候補の男子400メートルリレー代表は、100メートル代表3人を含む5枠。16年リオ五輪から1枠減ったこともあり、陸連側は負傷などのリスクも考慮して原則として100&200メートルの兼務を認めない方針を打ち出している。選考要項は3月の理事会に諮る見通し。「原則として」の文言に対し、どんな条件を満たせば「例外」として兼務可能かなどの検討を続ける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請