【ロッテ】3番・福田秀、初打点&初長打…初打順も「新鮮な気持ち」

7回、右翼線に適時二塁打を放つ福田秀
7回、右翼線に適時二塁打を放つ福田秀

◆練習試合(特別ルール) サムスン(韓国)11―5ロッテ(20日・赤間)

 ロッテの福田秀平外野手(31)が新天地でのレギュラー奪取へギアを上げてきた。20日の韓国・サムスンとの練習試合(赤間)に「3番・中堅」で出場し、移籍後初打点&初長打。昨季まで在籍したソフトバンクでは主にスーパーサブだった男が、14年目で悲願の定位置獲得へ加速している。

 「3番・福田」―。慣れない響きが心地いい。「13年間やって3番なんて打ったことないのに…。新鮮な気持ちでやらせてもらっています」と初々しくプレーした。3回に左犠飛、7回には右翼線へ適時二塁打で2打数1安打2打点。実戦3試合目で調子を上げてきたFA戦士に、井口監督は「実戦感覚が戻ってきた」と目を細めた。

 荻野、マーティン、角中、藤原らと外野の定位置を争うが、指揮官は今後の実戦でも福田秀を中堅で起用していく考え。「もっともっとレベルアップしたい」と貪欲な新戦力が、順調にレギュラーへと歩を進めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請