【札幌】宮沢、主将で初の開幕白星誓う「払拭したい」22日・柏戦

右足でシュートを放つ札幌MF宮沢(中央)
右足でシュートを放つ札幌MF宮沢(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌MF宮沢裕樹(30)が、主将としての新たな歴史を築く。札幌は20日、熊本・大津町で紅白戦などを行った。主力組の3バック中央に入った宮沢は、リーグ開幕のアウェー・柏戦(22日、三協F柏)へ「勝つことでいい雰囲気になり、勢いも出て次にもつながる。いいゲームを見せたい」と5年ぶりの開幕白星を絶対目標に掲げた。

 2008年に室蘭大谷高(現道大谷室蘭高)から加入し13年目。今季を全うすれば、チームの最長在籍記録を樹立する。主将も今季でクラブ最長タイの5年目。1年目の16年にJ2優勝、以降J1に定着と、堂々の成績を残してきた。しかし1つ、得ていないものがある。「最初の試合に勝てていないので。それは払拭したい」。主将になって以降手にしていない開幕戦勝利は、今年こそつかみ取る。

 今季の公式戦初戦となった16日のルヴァン杯・鳥栖戦は3―0で勝った。フル出場し勝利の一因となった宮沢だが「内容は良くなかった」と、押される時間が長かったことの反省は忘れていない。「ビルドアップの部分はチームとしてもう一度思い出さないといけない。開幕というワクワク感もあるが、緊張感も持って戦わないと」。皆を引き締め、最良の結果を目指す。

 昨季J2で27得点を挙げたケニア代表FWオルンガら、強力攻撃陣を擁する柏。宮沢は「前線の選手は1人でゴールに持っていける力がある」と警戒こそするが、「自分たちのサッカーを落ち着いて出していければ」と臆するところはない。豊富な経験をピッチで体現し、笑顔で皆と勝利の喜びを分かち合う。(砂田 秀人)

 ◆3年目・白井、初の開幕スタメンへ

  • ドリブル突破を図る札幌MF白井
  • ドリブル突破を図る札幌MF白井

 〇…札幌加入3年目のMF白井康介(25)が、初の開幕スタメンを濃厚とした。20日の紅白戦で主力組に入り「まずはチームのベースとなる走って戦うことをする。その上でドリブルでの仕掛けという部分を出したい」と意気込んだ。直近2年の開幕戦はメンバー外も、昨季J1で自己最多の23試合に出場と、日ごとに増していった信頼度でチャンスをつかんだ。「ここで出られれば新たな自信になるので」。勝利という結果で右サイドの定位置を守り抜く。

右足でシュートを放つ札幌MF宮沢(中央)
ドリブル突破を図る札幌MF白井
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請