【阪神】ガルシアが今キャンプ初ブルペンで35球 左肩の違和感で別メニュー調整中

ブルペン入りしたガルシア(左は能見篤史)(カメラ・石田 順平
ブルペン入りしたガルシア(左は能見篤史)(カメラ・石田 順平

 阪神のオネルキ・ガルシア投手(30)が20日、沖縄・宜野座キャンプで初めてのブルペン入り。捕手を立たせたまま35球を投げ込んだ。

 移籍2年目の左腕は今キャンプ中に左肩の違和感を訴え、別メニュー調整が続いていた。これまで室内でのネットスローなどは行っていたが、傾斜を使った投球練習の再開は復帰に向けて大きな前進といえる。

 2月中の実戦登板の予定はなく、開幕ローテーション入りは絶望的な状況になっているが、この日は持ち前の明るい笑顔が見られた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請