【楽天】下妻、“城島打法”で今季1号…映像研究しフォーム改造「構えからまね」

左越えソロを打つ下妻(カメラ・豊田 秀一)
左越えソロを打つ下妻(カメラ・豊田 秀一)
2回無死、下妻(左)が左越えソロを放ち、ベンチで出迎えを受ける
2回無死、下妻(左)が左越えソロを放ち、ベンチで出迎えを受ける

◆練習試合 ヤクルト4―12楽天=特別ルール=(19日・浦添)

 山形県出身の楽天・下妻貴寛捕手(25)=酒田南高卒=が19日のヤクルトとの練習試合(浦添)に「8番・捕手」で先発出場した。2回先頭で、左越えに“今季1号”となる本塁打を放った。育成選手だが、久米島キャンプ1軍スタートで今も1軍に帯同中だ。まずは支配下登録を目指してアピールを続けていく。

 打った瞬間に分かる打球が、快音を残して左翼フェンスを越えた。歓声が響く中、下妻がゆっくりとベースを一周した。フルカウントから2球粘った後の8球目。内角高めに浮いた直球を仕留めた。「追い込まれてから2球しっかり粘れたのが良かった」と充実感を漂わせた。

 フォーム改造の成果が出た。昨秋から、ソフトバンクなどで活躍した城島健司氏(43)の現役時代の打撃フォームを映像などで研究中だ。「構えから城島さんをまねしています。スイングを小さくならずに(ボールに)コンタクトできている」。今季、自身の実戦3打席目で初ヒットが本塁打。“城島打法”で結果を出し、笑顔が弾んだ。

 酒田南高出身で、12年ドラフト4位で楽天に入団。186センチの大型捕手は、16年秋の「WBSC U―23W杯」では日本代表に選出され優勝に貢献。その後も活躍が期待されたが、右肩痛の影響もあって、18年オフに戦力外通告を受けた。育成選手として迎えた昨季は、夏にはBCリーグの武蔵に派遣され実戦経験を積んだ。

 右肩痛も癒えた今季は、久米島キャンプから1軍に帯同。光山英和1軍バッテリー兼守備戦略コーチ(54)は「昨年の秋から見ているが、色々とそつなくできる。2軍だったら、レギュラーで出てもおかしくない。ここが欠点というのがない。まだ伸びしろがあると思う」と期待を寄せた。プロ8年目は「今はチャンスをもらっている立場。そこをつかんでいけるようにしたい」と言葉に力を込めた。猛アピールを続け、まずは支配下を勝ち取る。(高橋 宏磁)

左越えソロを打つ下妻(カメラ・豊田 秀一)
2回無死、下妻(左)が左越えソロを放ち、ベンチで出迎えを受ける
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請