池江璃花子「パリ五輪が今の一番の目標」闘病後初のテレビ出演

池江璃花子
池江璃花子

 白血病で闘病中の競泳女子・池江璃花子(19)=ルネサンス=が19日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)にVTRで出演し、元プロテニス選手でタレントの松岡修造(52)と対談した。闘病以来、テレビに出演するのは初めて。

 池江はクロのトップスに赤と黒に白のチェックのスカート姿で登場。

 松岡から2024年パリ五輪について聞かれると「パリ」と一言つぶやき「覚悟はしています。パリ(五輪)に出られなかったとしても、次があると思っています。次は28歳なので、パリが24歳」とパリを目標にしていると明言。

 そして「自信があるわけではないんですけれど、目標って絶対必要だと思うし、水泳だけじゃなくて人生において」と語ると、「だからパリが今の一番の目標」と決意を示した。

 また、「たまに、泳いでいる自分の姿を夢に見たりするんですよ」と明かし、「タイムも聞こえるんです。タイムも意外と速くて、毎回びっくりしました」と話した。

 ◆池江璃花子のこれまで

 ▽19年1月13日 三菱養和スプリント競技大会でシーズン初戦。得意の100メートルバタフライのみの出場で1分0秒41(自己ベスト56秒08)。

 ▽2月8日 豪州合宿で調子が上がらず、現地での検査を経てこの日、羽田空港に帰国。夜には病院で検査を受け、白血病であることが判明しそのまま入院。

 ▽同12日 病名が白血病であることを自身のツイッターで公表。本格的な治療を開始。

 ▽4月8日 日大スポーツ科学部に入学し、水泳部に入部したと所属するマネジメント会社が発表した。同日の入学式は欠席。

 ▽6月5日 一時退院したことを報告し近影を公開した。

 ▽12月17日 10か月の入院を経て退院したことを自身の公式サイトなどで報告した。

 ▽20年2月8日 トレーニング再開をインスタで報告。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請