【DeNA】森1軍初出場初安打もラミ監督「経験を積んでもらう」予定通り2軍へ再合流

回1死一、二塁、右前に1軍での初安打を放ったドラフト1位の森敬斗
回1死一、二塁、右前に1軍での初安打を放ったドラフト1位の森敬斗

◇練習試合 DeNA8―2ロッテ(19日・宜野湾)

 DeNAのドラフト1位・森敬斗内野手(18)が1軍初出場となったロッテ戦に「9番遊撃」で出場し、初安打となる右前安打をマークした。3回1死一、二塁。岩下の139キロを少し強引に一、二塁間へ引っ張った打球が右前安打となった。走者を進めるためチーム打撃に徹した結果だった。第1打席は岩下のフォーク、第3打席は小島のスライダーに空振り三振を喫した。

 2軍から1日限りの昇格を決めたラミレス監督は「僕が目の前で見たかったし、1軍を経験させたかった。追い込まれてから食らいついた。すごくよくやっていた。競えるポジションは空いていないので2軍で経験を積んでもらう」と説明した。

 森は「追い込まれて変化球をちゃんと見られなかった。初球の直球を振れなかったのは反省。またチャンスをもらえるようにやっていきたい」と前を向いていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請