【DeNA】初実戦のドラ2坂本 最速148キロで2回無失点にラミレス監督「すごくよかった」

3回から2番手で登板し2回を無失点に抑えたドラフト2位の坂本裕哉
3回から2番手で登板し2回を無失点に抑えたドラフト2位の坂本裕哉

◇練習試合 DeNA8―2ロッテ(19日・宜野湾)

 DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(22)=立命大=が19日、ロッテ戦でプロ初実戦を迎え、3回から2イニングを2安打無失点に抑えた。球場表示の最速は145キロだったが球団の測定では148キロをマーク。中村、安田から三振を奪うなど即戦力左腕が目標の開幕ローテ入りへ好発進した。

 空振りを量産した。計24球中、7球が空振り。そのうち3球が直球だった。チェンジアップ、スライダーでも空振りを奪い「自分がどのレベルにあるか全力で攻めた。直球は手元で伸びていくイメージで投げた。打者はまだ仕上がってないと思うけどそこはよかった」と振り返った。

 打撃投手をした際に球速不足を指摘していたラミレス監督も「148キロ出ていたしすごくよかった。重要なことはコンスタンストに続けられるか」と次戦以降に期待を寄せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請