【巨人】戸郷、先発で3回1安打無失点 同学年・根尾はオール直球で空振り三振斬り 「真っすぐで三振取りたかった」 原監督も「大きな期待」

巨人先発投手の戸郷翔征
巨人先発投手の戸郷翔征

◆練習試合 巨人―中日(19日・セルラー那覇)

 巨人の戸郷翔征投手(19)が先発し、対外試合初登板。3イニングを1安打無失点に抑える好投を披露した。それでも「結果が出たので一安心してますけど、少し死球が悪かったかなと思います」と自己採点は厳しかった。

 同学年の根尾とは2回2死一塁で“プロ初対戦”。投じた4球、全て真っすぐで空振り三振に斬った。「(目は)合わせないようにしながら。合わせるとちょっと投げにくいので」と笑ったが「真っすぐで三振取りたかったので、取れてよかったです」と振り返った。

 原監督は「昨年の経験をいいステップ材料にしている。大きな期待を寄せたくなるような、いいピッチングだった」と絶賛した。開幕ローテは菅野、サンチェスが当確。練習試合で好投した桜井、田口、畠らが続いている。指揮官は球団のスピードガンで150キロ超が出ていたことも明かし「いい階段を登っている」と喜んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請