藤井聡太七段、羽生善治九段に公式戦3連勝 王位リーグ好発進

羽生善治九段(左)に勝った藤井聡太七段
羽生善治九段(左)に勝った藤井聡太七段

 将棋の第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組・羽生善治九段(49)対藤井聡太七段(17)戦が18日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、先手の藤井七段が113手で羽生九段に勝ち、公式戦では無敗の3連勝とした。

 局後、藤井七段は「羽生九段と初戦で対戦できるのはうれしいこと。いい将棋を指せるように、と思いました」と淡々。レジェンド相手に3連勝となったが「羽生九段とは対戦自体が少ないので、自分が勝ち上がって対戦を増やしたいです」と謙虚に語った。

 一進一退の攻防だったが、緩手から一気に敗勢に陥った羽生九段は「対戦する機会が少ないので楽しみにしていました」と振り返り「また次から新たな気持ちで臨みたい」と前を向いた。

 本局は王位リーグの初戦。白組6人で総当たりのリーグ戦を行い、優勝者は紅組優勝者と挑戦者決定戦を戦う。勝者は挑戦者として木村一基王位(46)との7番勝負に臨む。

 羽生九段はタイトル通算100期を、藤井七段は初のタイトル挑戦、獲得を目指している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請