【日本ハム】平沼が右足首を負傷し途中交代…骨には異常なし

8回無死一塁、二盗を決めた際に足を痛めた平沼翔太
8回無死一塁、二盗を決めた際に足を痛めた平沼翔太

 ◆練習試合 日本ハム5―0韓国・サムスン(18日・名護)

 日本ハムの平沼翔太内野手(22)が18日、サムスンとの練習試合(名護)で右足首を痛めて途中交代した。

 5回の守備から途中出場。8回先頭の打席では四球を選んで出塁し、続く宇佐見の打席で二盗に成功したが、二塁へ滑り込んだ際に右足首をひねったため代走が送られた。球団によるとその後、名護市内の病院で診察を受け、骨には異常はなかった。19日以降については患部の様子を見て判断する。

 平沼は敦賀気比では14年夏、15年春夏と3度甲子園に出場し、3年のセンバツではエースとして全国制覇を達成。15年ドラフト4位で日本ハムに入団し、昨季はプロ初本塁打を放つなど自己最多の73試合に出場。打率2割3分6厘、1本塁打、16打点を記録し、今季さらなる飛躍が期待されている中でのアクシデントとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請