【巨人】右肘炎症で別メニューのドラ1堀田がキャッチボール再開「自分でコントロールしていきたい」

堀田賢慎
堀田賢慎

 右肘炎症のため、別メニュー調整が続いていた巨人のドラ1右腕・堀田賢慎投手(18)が18日、16日からキャッチボールを再開していたことを明かした。

 右肘の軽度の炎症で1月の新人合同自主トレを途中離脱した後は、キャンプでも別メニューでの調整が続いていた。キャッチボールを再開したが、今後はその日の状態を見ながら進めていく。「自分自身でコントロールしながら、同じケガをしないようにしたい」と少しずつ前に進む。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請