桐生、世界に1台の“日の丸スポーツカー”に刺激「日本記録を奪還する」

アンバサダーに就任した桐生祥秀
アンバサダーに就任した桐生祥秀

 陸上男子100メートルで2017年に日本初の9秒台をマークした桐生祥秀(24)=日本生命=が18日、都内で行われたイタリアの高級車「マセラティ」のブランドアンバサダー就任式に出席し、世界に1台しかない同社の特別限定車「グラントゥーリズモ グランフィナーレ」の販売発表会見に立ち会った。

 昨年11月に生産が終了し、最後に1台だけ販売される最速スポーツカーのカラーリングは白地に赤。さながら日本の国旗をほうふつとさせる日の丸仕様の車体に、無類の車好きとしても知られる桐生も「かっこいい…」とウットリし、「日本記録を奪還して、再び桐生祥秀の価値を上げたい」と刺激を受けた。

 アンバサダー就任に伴い、発奮材料に2000万円相当の高性能SUV「レヴァンテ・トロフェオ」も貸与されることになった。「練習場に向かう密室の車内は練習メニューを考えたり、気持ちをリセットする空間。ラグジュアリーな気持ちになれるし、うれしい。練習へのモチベーションになるし楽しみ」と喜んだ。

 6月の日本選手権、東京五輪へとギアを上げていく桐生は、20日からのオーストラリア・ゴールドコーストでの合宿を経て3月20日にオーストラリアの国際大会で今季初戦を迎える。 昨年6月にサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)に9秒97で塗り替えられた日本記録の奪回へは「大事な試合は日本選手権、五輪だけど出るならどこでも出したい」と意気込んだ。

 世界に1台の「グラントゥーリズモ グランフィナーレ」は入札形式で販売。最低制限価格は2700万円で、22日午前10時からスタートする。桐生は「本当ならこっち乗りたい」と笑いつつ、「いままで陸上選手が高級外車のアンバサダーになったことはなかったし、こういう機会をもらえてうれしい。陸上選手の価値が上がったと思う」と喜んでいた。

 

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請