【巨人】吉川尚が3安打&好守で猛アピール「積極的にいけた」

5回1死一塁、山本泰寛の右前打で三塁に滑り込む一塁走者の吉川尚輝
5回1死一塁、山本泰寛の右前打で三塁に滑り込む一塁走者の吉川尚輝

◆練習試合 巨人4―3ロッテ(18日・セルラー那覇)

 「1番・二塁」で出場した吉川尚が3安打と好守で逆転勝利に貢献し「積極的にいけた。それが結果につながった」と喜んだ。

 初回に右前打を放つと、5回は中前へ。続く山本の右前打で俊足を生かして三塁まで進んだ。6回1死満塁では鮮やかな右前適時打で2―2の同点に。チームはその後、山本の犠飛と若林のタイムリーで合計3点を奪い、4―2と逆転に成功した。

 3回2死満塁のピンチでは一、二塁間へ飛んだボテボテのゴロを素早く処理して失点を防ぎ「しっかり(打球に)追いつけた。僕のアピールポイントでもあるので」と胸を張った。昨季は固定できなかった二塁のスタメンをつかむため、実戦でアピールを続けていく。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請