佐藤駿が来季シニア転向へ「五輪が2年後にあるので」

練習を公開した佐藤駿(撮影・高木恵)
練習を公開した佐藤駿(撮影・高木恵)

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナル王者の佐藤駿(16)=埼玉栄高=が18日、埼玉アイスリーナで練習を公開。来季からシニアに転向する意向を示した。「一番大きい理由は、(北京)五輪が2年後にあるのでそれをふまえて」と口にした。

 3月の世界ジュニア選手権(4~7日、エストニア)では高橋大輔(02年)、織田信成(05年)、小塚崇彦(06年)、羽生結弦(10年)、宇野昌磨(15年)以来日本男子6人目の金メダルがかかる。「4回転ルッツを降りたい。優勝したいと思っているけど、狙っていくとよくない。自分の演技に集中したい」と静かに闘志を燃やした。

 9日のババリアン・オープンを制した16歳は、この日の練習で4回転ルッツを着氷するなど好調を維持している。四大陸選手権で3位に入った冬季ユース五輪覇者の鍵山優真(16)=星槎国際高横浜=とは「世界ジュニア頑張ろうね」と活躍を誓い合った。「世界ジュニアも取って、いいかたちでシニアに上がりたい」。ジュニア2冠を目指す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請