ヤンキース・田中、シート打撃登板「ある程度しっかり投げることができた」…一問一答

田中将大
田中将大

 ―カットボールが良かった。

 「課題としている部分については、ある程度しっかり投げることができた。あとはバッター相手に投げる数を増やしていく。ゲームになれば、より1球1球、集中して投げ込めると思うので、心配はしていない」

 ―コールとの話は

 「アドバイスを求められた感じ。フォームについて。そういうことを話したのは初めて」

 ―ブレーク新投手コーチとは

 「ミーティングがあり、投球だけでなく、日程やお互いの考えなど話した」

 ―ラプソード(投球回転計測機)やビデオなどテクノロジーを駆使した分析に定評あるコーチだが。

 「感覚が良かったけど、本当の結果は果たしてどうなのか数字で見れるので、チェックしやすい。抽象的ではなく、はっきり(数字で)わかる。うまく活用していけたらいい。今はまだサンプルが少なすぎるので、もうすこし長い目で見ていきたい」

 ―インハイの球を投げて甘く入ったが。

 「しっかりと自分の体に染み付いて、こう投げたら、あそこにいくと分かっていれば、敵味方関係なく投げられる。そこはミスした自分の技術不足。遠慮?それはない」

 ―初球ヒット性の当たりも。

 「先っぽだし、いい当たりじゃないからいい」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請