【巨人】地獄の「連続27アウト」ノルマノック1時間超!

ノックをする阿部2軍監督
ノックをする阿部2軍監督

 巨人のファーム宮崎キャンプで17日、「連続27アウト」のノルマを設定したシートノックが行われた。走者やアウトカウントを想定し、ミスが出れば0アウトからやり直し。1時間以上かけて成功した。

 27プレー目のアウトを取ると、ノックに参加していた選手全員がマウンドに上がって喜んだ。セカンドに上がった打球を育成・黒田が捕球して、無事終了。選手らも回数を「覚えていない」というほどの“地獄のノック”は、10回以上繰り返された。

 昨秋の秋季宮崎キャンプでチームに導入された。緊張感と集中力を持続し、状況判断の能力を鍛えるため、ファームでも初めて行った。この日は、北風が吹き、ドラム缶のたき火がグラウンドに用意されたほどの寒さだった。

 片岡2軍内野守備走塁コーチは「最初は楽しそうだけど、ミスが出ると選手の中には『いつ終わるんだ』ってなる」と説明。ノックを打ち続けた松本2軍守備走塁コーチは「そういう状態になると、ミスが続いてしまう」と補足した。片岡コーチは「その中で盛り上げていかないと。普通に野球をやるだけではなく、頭を使わないといけない」と狙いを語った。(中間 卓也)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請