【巨人】石川慎吾、2戦無安打に降格危機感「とにかく結果」

フリー打撃でサンチェス〈右)に打ち取られる石川慎吾
フリー打撃でサンチェス〈右)に打ち取られる石川慎吾

 巨人の石川慎吾外野手(26)が17日、1軍生き残りへ危機感をあらわにした。那覇2次キャンプではすでに2試合を消化しているが、2戦4打数無安打。元木ヘッドコーチが「キャンプだけ(1軍で)やって、(3月から)『はい、下に行ってらっしゃい』という可能性はある」と示唆するように、沈黙が続けば降格がちらつく。石川は「僕はとにかく結果を出すだけです」と引き締めた。

 阿部監督率いる宮崎の2軍は、ここから実戦が本格化していく。ファームからの昇格推薦も増えてくるだろう。石川だけでなく、2戦5打数無安打と当たりが出ていない大城も「結果を出してアピールしないといけない」と口にし、同じく5打数無安打の若林は「一戦一戦、必死でやるだけ。結果を出さないといけない立場」と闘争心を燃やした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請