【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、西武・松坂から学ぶ「吸収というよりは見学」

佐々木朗希
佐々木朗希

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が、21日からの高知遠征にも同行することが確実になった。吉井投手コーチはこれまで「どこまで1軍帯同するかは未定。彼の状態を見ながら」と話していたが、すでに2度のブルペン入りを果たすなど調整はいたって順調。引き続き1軍とともに行動させる方針のようだ。

 22日からの春野では西武1軍との練習試合を予定。「令和の怪物」が「平成の怪物・松坂」と対面する可能性もある。この日は休養に努めた右腕は「すごい偉大な記録を残されてますし、長い間現役でプレーされているのがすごい」と印象を語った。

 勉強熱心な朗希にとって、松坂のブルペン投球を見ることができれば、貴重な時間となる。「タイプが違うので吸収というよりは見学かな」と心待ちにした。18、19日と“初連投”も視野に入れるなど、一歩ずつ前に進んでいる。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請