【ソフトバンク】工藤監督は紅白戦で好投の投手陣に手応え

スポーツ報知
紅白戦に白組で先発し、2回を投げ1失点の和田毅

 ソフトバンクは17日、宮崎キャンプ2度目の紅白戦を行った。初回に紅組が周東の適時二塁打で1点を先制し、その後は両軍ともに無得点。ヤクルトから加入したバレンティンは三塁前へラッキーな“移籍初安打”を放ち、松田宣も2安打をマークするなど、主力の仕上がりは順調そうだ。

 投手陣では開幕ローテーション入りが期待される和田、バンデンハーク、東浜らに加え、守護神の森や岩崎らリリーフ陣も軒並み登板。工藤監督は「今の時期は投手が抑える確率が高くなるけど、みんな持っているものを出してくれたと思います。あまり心配はしてないですね」と評価し、1回無失点だったドラフト3位のサイド右腕・津森にも「右打者はなかなか踏み込んでいけないでしょうね。この先、楽しみにしたい」と期待を込めていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×