【オリックス】山岡新球シュート手応え&山本最速154キロ…貫禄の初シート登板

スポーツ報知
シート打撃に登板する山岡泰輔

 オリックスの山岡泰輔投手(24)と山本由伸投手(21)のダブルエースが17日、宮崎キャンプでシート打撃に初登板。山岡は打者12人に1安打2四球、山本も最速154キロで打者13人に2安打1四球と貫禄を見せた。

 山岡はT―岡田とモヤを外角の変化球で空振り三振に仕留めた。今季から実戦に投入予定の新球・シュートだ。「左打者への(外角の)シュートのイメージがついた」と手応え十分。ジョーンズには2四球だったが「期待してます。打ってくれると思ってるから」と対戦を楽しんだ様子だった。

 山本は6人目の打者・飯田を低めの154キロ直球で見逃し三振に料理。8人目のモヤには高めに浮いたカーブを中前に運ばれ、続くT―岡田にも外角高めに浮いた直球で右中間を破られた。投げた瞬間「ああっ!」と思わず声を出したほどの失投だったが、それ以外の直球は「厳しいところに投げられて、強さもあって良かったと思います」。昨季の最優秀防御率男が順調ぶりをアピールしていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×