【オリックス】ドラ3・村西、シート打撃初登板も課題残す

シート打撃に登板した村西
シート打撃に登板した村西

 オリックスのドラフト3位・村西良太投手(22)が17日、宮崎キャンプでシート打撃に初登板。先頭の松井雅を空振り三振に抑えたが、球が高めに浮くシーンも多く、課題が残った。

 近大時代には「あまり使わなかった」という内角球がさえた。カウント1-1から始まる特別ルールで、フルカウントから松井雅を内角低めのカットボールで空振りに仕留めた。「小さい曲がりのカットボールで空振りを取れた。精度を上げていきたい」と振り返った。

 一方で打者9人に計29球で、2被安打、3四球。「下半身が突っ張った。まずストライクを投げること。その中でどう勝負するか。ストライクが入らないので…」。ここから開幕へ、課題をひとつずつ解消していく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請