【巨人】19歳・沼田、わずか11球で3人斬り「何も考えず投げました」

6回から登板して3者凡退に抑えた沼田
6回から登板して3者凡退に抑えた沼田

◆オープン戦 巨人1―4DeNA(16日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 とにかく無心で投げ抜いた。沼田は3点を追う6回から登板。初めての1軍戦のマウンドに「何も考えず、とりあえずゼロに抑えようと、それだけを思って投げました」。低めの制球を意識し、テンポの良い投球でわずか11球で3者凡退に仕留めた。ベンチに戻ると、コーチ、ナインたちからポンポンと頭をたたかれ、安心した笑顔を見せた。

 今キャンプはファームスタートだったが、那覇キャンプから1軍に昇格。練習の流れに慣れず、戸惑う姿を見せていたが、マウンドでは強気な姿を見せる。ファームでのブルペンで阿部2軍監督が打席に立った際、思い切り内角へ投げ込み「打席に立っていただくとは聞いていたので、その際には思い切り投げ込もうと思ってました。試合でもその1球が大事になってくると思うので」と堂々たる姿を見せた。

 この日の試合前ブルペンの投球は良くなかったというが「練習から想定してやってる分、荒れなかったと思う」と説明。日々のイメージが好投につながった。育成投手は与那原の他にディプランもライバルだ。「(支配下を)意識すると力が入ってしまう。『やることをやる』を貫いていきたい」と冷静に目標を見据えた。

 ◆沼田 翔平(ぬまた・しょうへい)2000年6月24日、北海道旭川市生まれ。19歳。旭川大高では1年春からベンチ入り。18年育成ドラフト3位で巨人に入団。175センチ、65キロ。右投右打。年俸260万円。背番号「016」。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請