【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、初連投へ 吉井コーチ「彼の体調を朝見て決めます」

アップ中に笑顔を見せる佐々木朗
アップ中に笑顔を見せる佐々木朗

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が、次回ブルペンで初の連投を予定していることが16日、分かった。

 13日の初ブルペンから中1日で2度目のブルペン投球をした朗希。これまでのキャンプで「やりたいことができているのでよかった。徐々に強度も上げていきたい」と順調に段階を踏んできた。吉井投手コーチは次のブルペンを「休み明けの彼の体調を朝見て決めます」と話したが、問題がなければ18、19日ともにブルペンで投球する予定だ。

 この日、チームは韓国・サムスンとの練習試合(沖縄・赤間)が雨天中止となり、室内での練習となった。朗希は種市、小島ら先輩投手のブルペンを見学し「皆さんのウィニングショットがすごいので、いろんな強さとかがあると思った」と勉強。キャンプインから半月がたち「疲れはあるけど、その中で投げてても違和感とかはない」と体調面の問題もない。

 17日は休養日で「予定は決まっていない」と朗希。つかの間のリフレッシュを経て、投球練習のペースを上げていく。捕手を座らせての本格的なピッチングは宮崎に移動する25日以降を予定している。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請