【谷井孝行の目】競歩東京本番へ国際基準でも通る技術を

日本選手権6連覇と東京五輪の内定を逃した高橋英輝(カメラ・細野友司)
日本選手権6連覇と東京五輪の内定を逃した高橋英輝(カメラ・細野友司)

◆陸上 日本選手権競歩20キロ(16日、神戸市・神戸市・六甲アイランド甲南大周辺コース)

 男子で、16年リオ五輪代表の高橋英輝(27)=富士通=は1時間19分53秒の3位となり、6連覇と今大会での五輪内定を逃した。レース中盤では歩型違反の警告枚数を誤掲示される異例のミスもあったが「自分の歩きが悪かった」と言い訳なし。最終選考会の全日本能美大会(3月15日、石川)で残り2枠の代表権を目指す。

 高橋は早い段階で警告が2枚出て心理的な負担がかかり、歩きが消極的になっていた。その後、警告の枚数が減るというのは、正直初めて見たケース。集中しきれなかった部分もあるだろう。1キロ周回の今大会は審判の目も多いが、これが国際基準。厳しい目でも通る技術が大切だ。高橋も自分のリズムで歩けない時、力が上方向に働いて「ロス・オブ・コンタクト」気味になる点は修正が必要だろう。

 優勝した山西は貫禄勝ちだった。今回は絶好調とまではいかなくても、好記録と試合内容を両立してみせた。確かな地力と成長を感じる。女子で五輪切符をつかんだ岡田は、なめらかで軸がしっかりした歩きが強み。接地から前に行く推進力を効率よく得られている。国際試合の駆け引きの中でも結果を出せるかが、東京本番へ鍵になるだろう。(15年北京世界陸上50キロ銅メダリスト、自衛隊コーチ)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請