スターターの澤穂希さん、前田穂南の五輪金「見たい」Qちゃんは「来年はハイタッチを」

30キロの部でスペシャルスターターを務めた澤穂希さん(左)は、スペシャルゲストの高橋尚子さんとランナーたちに手を振って応援
30キロの部でスペシャルスターターを務めた澤穂希さん(左)は、スペシャルゲストの高橋尚子さんとランナーたちに手を振って応援

◆報知新聞社主催 青梅マラソン(16日、東京・青梅市日本陸連公認コース)

 メイン種目の男子30キロは田口雅也(27)=ホンダ=が1時間30分45秒で優勝した。東洋大時代、箱根駅伝で鳴らした逸材は今年、初マラソンに挑戦予定。2024年パリ五輪マラソンで日本代表を目指す。10キロ男子高校生の部は、東京実高3年の並木寧音(ねお)が30分24秒で初V。今春、東農大に進学し、箱根駅伝出場を目指す。30キロの部のスペシャルスターターは澤穂希さんが務めた。

 澤さんが、前田穂南の五輪金メダルを期待した。女子30キロの部で日本新記録を樹立した前田について、人生初のスペシャルスターターを務めた澤さんは「めでたいね。おめでとう。青梅で記録を出せたのは彼女の中で東京五輪につながるものだったはず。五輪でも金メダルをさげる姿を見たい」と期待を込めた。

 この日朝、東京・立川市内のホテルの食事会場で前田を見かけ「『どんな物を食べているの?』とのぞいちゃった。大根おろしとしらすのあえ物でした。食事も考えて取っているのかな」とアスリート魂に火がつき、前田の強さに興味津々だった。

 今回はスターターの立場から参加者の懸命な姿を見て「久しぶりに試合のような高揚感をいただいた」と刺激を受けた。「走れるかまだ分からないけど、機会があれば」とランナーとしての再訪に意欲を示した。(宮下 京香)

  〇…スペシャルゲストのシドニー五輪女子マラソン金メダリスト・高橋尚子さん(47)は、新型コロナウイルス対策の影響で市民ランナーとのハイタッチを自粛した。10キロの部、30キロの部ともにゴール前の実況席から市民ランナーに声をかけ続けた。「(ハイタッチを)やりたかったんですけど、できない分、声を出しました。来年は皆さんとハイタッチができたら」と“再会”を楽しみにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請