【C大阪】今季初陣で4得点! ゴールラッシュでリーグ開幕へも弾み

スポーツ報知
C大阪FWブルーノメンデス

◆YBCルヴァン杯 ▽グループステージ B組第1節 C大阪 4―1 松本(16日・ヤンマースタジアム長居)

 3年ぶりの優勝を狙うC大阪は、FWブルーノメンデス(25)の2得点を含む4発で松本を圧倒。公式戦では2017年11月18日のリーグ戦・横浜M戦(日産ス)以来となる4ゴールで、1週間後のリーグ開幕へ順調な仕上がり具合を見せつけた。

 試合は開始5分で先制点を献上したが、3分後にブルーノメンデスがクロスの折り返しを左足で押し込み同点。試合を振り出しに戻すと、後半26分にDF丸橋の豪快ミドルで逆転した。チームは以降も攻撃の手を休めることなく、同34分にブルーノメンデスが自ら獲得したPKを決め追加点。同45分に新加入FW豊川のクロスをMF清武が合わせてだめ押しした。

 決勝点をマークした丸橋は「フリーだったので思いっきり振り抜いた。入って良かったです。あの距離は結構得意なんで」と納得の表情。この日2発の助っ人FWは「4点取れたというのはチームにとって本当にいい勝ち方だと思う。開幕に向けていい試合になったんじゃないかな」と声を弾ませた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×