【巨人】阿部2軍監督は対外試合初白星 育成3年目・小山が勝ち越し打

投手の交代を告げる阿部慎之助2軍監督
投手の交代を告げる阿部慎之助2軍監督

◆練習試合 巨人3―1広島(16日、サンマリン宮崎)

 巨人の2軍は16日、広島との練習試合で“サヨナラ勝利”した。特別ルールで行われ、9回裏に勝ち越した時点で試合は終わらずに3アウトまで行われ、3―1で勝った。阿部慎之助2軍監督(40)は初の対外試合を白星で飾った。

 試合を決めたのは育成3年目の小山だった。1―1の同点で迎えた9回に2死三塁のチャンスから、代打で登場。右中間への二塁打で勝ち越した。

 阿部2軍監督は、小山に対しての賛辞を惜しまなかった。「最後の最後までベンチでずっとゲームを見ていた子が、ああやって結果を出すというのはね、すごいなと思いますし、褒めてあげたいなと思います」。

 だが、再三の好機に1本が出ずに9回を迎えた試合。それについては指揮官も納得はいかない。「チャンスはたくさんあったんですけど、そこでなんとかして欲しかったなという部分もあります。そういうチャンスを潰すからこそ、1軍に上がれないと思うんで。チャンスの時にどういう打撃をするかっていうのも今後一つのテーマになっていく」。

 試合途中には、ベンチに戻ってきた捕手の田中貴に声をかけた。「(配球面で)自分たちを苦しめていたので、ちょっと叱咤してしまった」と指揮官。対外試合初戦を終えて、改めて見えた課題もあったようだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請