【オリックス】西村監督、ふるさとの味覚を堪能…串間市から「応援団」が激励

串間市から贈呈をうけた西村徳文監督(中央)(カメラ・義村 治子)
串間市から贈呈をうけた西村徳文監督(中央)(カメラ・義村 治子)

 オリックスの西村徳文監督(60)が16日、キャンプ地の宮崎・SOKKENスタジアムで地元の激励に笑顔で応えた。

 出身地の宮崎・串間市から「西村徳文応援団」が駆けつけ、名産品のキンカン「きんかんたまたま」などが差し入れられた。

 地元テレビ局のインタビューに答える前に乾いたせきをゴホンゴホンとした指揮官。えびす顔で「キンカンは風邪の防止になる。何個かもらいましょう」と、ふるさとの味覚を堪能していた。

 差し入れられたのは、キンカンのほか、サツマイモの「やまだいかんしょ」と、ミカンの「せとか」。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請