山口俊、初ブルペン 新フォームで53球「感覚は良かった」

ブルペンで投球練習する山口(ロイター)
ブルペンで投球練習する山口(ロイター)

 ブルージェイズの山口俊投手(32)が、キャンプ2日目の14日(日本時間15日)、渡米後初のブルペン投球を行い、オフから取り組んできた腕をより高く上げる新フォームで計53球を投げた。モントーヨ監督とウォーカー投手コーチが見守る中、直球、大小2種類のカット、ツーシーム、カーブ、スプリット。スライダー以外の持ち球を全て披露した。

 「今日はまだ6、7割。リリースの感覚を確かめて投げたが、感覚は良かったし、キャッチャーも伸びてくるイメージを持ってくれたみたい」

 11月のプレミア12に参加してからは「僕は並以下の球速。やっぱり動かしてやろう」と、カットやツーシームなどに活路を求めた。高めを効果的に使うため、リリースポイントをより高くした新フォームにも着手している。「縫い目は確実に日本のボールの方がかかりやすいけど、動きはこっちの方がいい」と山口。モントーヨ監督も「5番手の先発枠を競ってもらう。95マイル(約153キロ)くらい、いくだろう」と期待を膨らませる。地元メディアの囲み取材にも応じ「先発投手は小さい頃からの憧れ。そのためにブルージェイズに来た」と先発へのこだわりを表明した。(一村 順子)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請