高橋大作さん、引退セレモニーで「本当に感謝の言葉しかない」

引退セレモニーを行った高橋大作さん
引退セレモニーを行った高橋大作さん

 1月30日に現役を退いた高橋大作(45)さん=東京・83期=の引退セレモニーが京王閣競輪2日目の15日、7R終了後、バンク内で行われた。市川健太東京支部長ら、選手OB、関係者ら30人がかけつける中、多くのファンの前であいさつ。「20年間の選手生活にピリオドを打ちます。ファンの期待に応えることができず、心苦しかった。本当に感謝の言葉しかない」と引退の理由を説明。大型スクリーンには高橋さんが現役時代に優勝した懐かしいレースVTRなどが映し出されると、ファンから大きな声援が上がった。「思い出のレースは(06年12月京王閣での)グランプリシリーズで優勝できたことです」と感極まった。

 高橋さんは99年8月京王閣でデビュー。シャープな差し脚で、2年後にはS級に昇級し、特別競輪の常連として活躍していた。通算1632走、303勝、2着225回。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請