【巨人】小林弾に原監督が賛辞「打つべくして打ったと僕は見ている」

4回無死、左越えソロ本塁打を放つ小林
4回無死、左越えソロ本塁打を放つ小林

◆練習試合 巨人5―2韓国・サムスン(15日・那覇)

 巨人の小林誠司捕手(30)が、今年のチーム対外試合1号を放った。

 沖縄那覇キャンプ初日に行われた韓国サムスンとの練習試合に「8番・捕手」で出場。4回にアンダースローの右投手から高々と上がる飛球を放ち、白球は左翼フェンスを越えた。

 原監督は「第3クールぐらいからバッティング練習も非常に集中力を増してやっていて、やっぱり練習をきちっとやっていると結果として出るんだなと。それが分かれば非常にいいですね。たまたま打っちゃった、当たっちゃったじゃなくてね、打つべくして打ったと僕は見ているけど。そう思って欲しいね」と賛辞を贈った。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請