馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【クイーンC・敗者の弁】12番人気セイウンヴィーナスが3着激走 ホウオウピースフルは6着

◆第55回クイーンC・G3(2月15日、東京・芝1600メートル、良)

 3歳牝馬限定のG3は14頭によって争われ、2番人気で福永祐一騎手騎乗のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が、好位から直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒0。

 4番人気のマジックキャッスル(シェーン・フォーリー騎手)がゴール前で追い詰めるも首差の2着まで。12番人気のセイウンヴィーナス(野中悠太郎騎手)が3着に入った。

 フォーリー騎手(マジックキャッスル=2着)「道中、折り合いがつかず前に行くチャンスがなかった。最後は脚を使ったが、もう200、400メートルあったら」

 野中騎手(セイウンヴィーナス=3着)「前回のマイル戦はついて行けなかったが、今回は流れに乗れた。直線で前が開いたらスッと入っていけたし、最後も伸びてくれた」

 矢原助手(アカノニジュウイチ=4着)「ジョッキーに任せて折り合い重視で乗ってもらった。最後はいい脚で伸びてくれていた」

 武豊騎手(シャンドフルール=5着)「いい感じでレースしてくれたが、伸びそうで伸びなかった。もう1つギアがありそうだけど…」

 田辺騎手(ホウオウピースフル=6着)「マイルは初めてだったし、ここ2戦はスローだったように流れが違った」

 吉田豊騎手(チアチアクラシカ=7着)「4コーナーを良い感じで回ってこられたし、追えば伸びそうだったが…。まだ本調子じゃないのかな。何かもたもたしていた」

 武士沢騎手(サナチャン=8着)「イレ込んでいたし、体も減っていた。ただ、レースでは一生懸命走ってくれていた」

 北村宏騎手(アールクインダム=9着)「折り合いついて流れに乗っていけたが、直線、右にもたれて、なだめられた割には伸びきれなかった。ただ、こんな感じで落ち着いて走れればいいかな」

 ルメール騎手(ルナシオン=10着)「ゲートの中でちゃかついてスタートが遅れた。休養明けで馬がエキサイトしていた」

 岩田康騎手(アミークス=11着)「勝ち馬の後ろで競馬をして、追い出してから一瞬、脚を使ってくれたが、最後は脚が上がってしまった」

 柴田善騎手(メルテッドハニー=13着)「うまく流れに乗っていけたが、平坦で距離が短い方がいいのかな」

 石橋騎手(インザムービー=14着)「何も仕掛けずじわっと行ったが、どんどんハミを取っていった。ある程度抑えながら行ったが…。ただ、良いスピードがあるし、反応もいい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請