【阪神】移籍後初登板の中田が負傷降板 坂本も死球で交代

◆練習試合 阪神―広島(15日・宜野座)

 ソフトバンクからトレード加入した阪神・中田賢一投手(37)が移籍後初登板のマウンドに立ったが、負傷降板するアクシデントに見舞われた。

 4回からマウンドに上がったが、1死一塁から高橋大に2ランを浴びた。さらに石原貴に中前安打を許すと、2死一塁から堂林の打球を左足首付近に受け、打球は右前へ。足を引きずったままベンチに下がり、スアレスにマウンドを譲った。

 途中出場でマスクをかぶった坂本も7回1死の打席で中村恭から左膝付近に死球を受け、代走・片山を送られた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請